好きだった女の子

 

こんにちは。やよいです。

 

今回は、なんとなく過去に好きだった人の話でもしようと思います。

前のブログの記事で『初恋のゆりちゃん』という記事を書きましたが、それから私が女の子を好きになったのは一度だけ。一度だけありました。

 

今はその女の子と縁が切れてしまった、というか連絡を取っていない状態なので、ただ彼女の性格からして私のツイートは時々見ているような気がするので、もしかしたらこの記事を見ることがあるかもしれません。いや、多分見ていると思います。

 

彼女と出会ったのは高校三年生のときでした。同じ、自称進学校のような高校に通っていて、それでも私と彼女では全くタイプが違っていたし、友人のカラーも全く違ったと言っていいと思います。

私は地元川崎で培ったヤンキー魂を胸に肩で風を切って歩いていたし、彼女は浮いた女の子たちのグループの中で、真っ赤なパーカーなんかを着て、言うなれば少し悪目立ちしていました。浮いたグループに居るのにお化粧が濃く派手な彼女、Uちゃんは噂が一人立ちしているような子でした。

「援交しているらしいよ」

「この間おじさんと腕組んで歩いてるの見た」

それはあとから聞くと実際は彼女のお父さんだったのだけれど、当時本当に援交をして合法ハーブ代を稼いでいた私からすると、同じような子が居るもんだな、と思った程度でした。

 

Uちゃんと知り合ったのは、一人だけ居た共通の友人を介してでした。

当時、Uちゃんはポッチャリしていて、メイクもあんまり上手じゃなくて、控えめな女の子でした。

昔観ていたアニメが一緒だったこと、案外下ネタのノリがいいこと。

「今日はぶっちゃけて色々話そうよ!」なんて、女子高生の時のノリで話すと、Uちゃんは「一人でシないと眠れないんだよね」と言いました。

その時に、なんか、グッと来るものがあったのを覚えています。

あの子、私が触ったら、舐めたら、どんな反応するのかな。

普段おとなしいUちゃんを責める妄想をして、おまたの辺りがキュンとしました。

 

そこから、よくある話だけれど、Uちゃんと二人で遊ぶことの方が多くなりました。(三人グループって続かないよね)

彼女は、初めて彼氏が出来て、ずっと大切にしていた処女も喪失して、振られたり他の男の子と遊んだり遊ばれているうちに、痩せてどんどん綺麗になって、ふんわりした見た目から一変、豹柄の服や赤いリップを好むようになりました。

そして、彼女は恋愛で上手くいかなくなると、また手首に薄く赤い痕を残しました。

 

なんで、この子はいつも幸せになれない道ばかり選ぶのだろう。

私は、『幸せになる資格なんてない』という女の子が嫌いだ。だって、資格なんてあってもなくても、自ら不幸の道に突き進むくせに。

 

いつの間にか、私よりも派手でギャルになったUちゃんに、変わらず恋をしていました。

毎日朝まで飲んで二人で朝方ラブホに泊まって、シャワー浴びてまた飲みに出かけました。

Uちゃんはやっとマトモな彼氏が出来たけど、境界性人格障害の気があったらしく、怒鳴って、彼氏を殴って、「どうしてこうなっちゃうの」といつも泣いていました。

 

私は練炭自殺をしたことがあります。Uちゃんと毎日一緒に居て、過ごしていた日々に突然大阪に飛び、実行しました。

「なんでそんなことしたの」当時は答えられなかったけれど、Uちゃんに遺書を書きたかったというのも大きな理由でした。

もちろん、人生辛くて辛くて、どうしようもないと思っていたのは確かだけど、Uちゃんと当時ハマって聴いていた、さめざめという歌手の『きみが死ぬとき思い出す女の子になりたい』という曲の歌詞を遺書に書きました。結局私は死ねなかったし、その手紙は彼女の手に渡ることもなかったけれど、『あたしが死ぬとき思い出す男の子はきみです』を『あたしが死ぬとき思い出す女の子はきみです』と、書き替えて文字を綴りました。なんて薄っぺらい。

 

女の一生忘れられない女の子になりたかった。それだけでした。

「明日はバイトだから今日は帰らなきゃ」と言って宥めるとぶすったれた顔で俯いて喋らなくなる彼女、結局行ったラブホテル、一度も手を出さなかった私、無防備に寝ていた彼女、伸びて剥げたUちゃんのネイル、バレンタインにあげた五本の薔薇の花束、駅の露店でお揃いで買ったピンキーリングは今どこにあるんだっけ、とか。

私に、好きな男の子が出来て、それからUちゃんとだんだん距離が離れてしまって、一度だけ連絡が来たけれどまた拗れてしまって、結局会うことなく沖縄に越して来ました。

 

今も、ツイッターを見る限り元気にやってはいるみたいだけれど、私は彼女と居てとても幸せだったと思います。

彼女のワガママに付き合うことが楽しかった。拗ねた顔がしてやったりな顔になるのが嬉しかった。

Uちゃんとは、友達には戻れないかもしれないけれど、私の人生の青春は、間違いなく彼女との数年間だったと思います。

 

勝手に記事にして書いてごめんね。

でも、ひとに優しく、世界一可愛い貴女はきっと彼氏のこと大切にできると思うよ。

どうか、幸せになってね。